LINE BRAIN OCR

LINE BRAIN OCR について

LINEが独自に開発した
世界No.1のAI-OCR(文字認識技術)

紙面等に記載された文字・文章をテキストデータへ変換します。
LINE BRAIN OCRを活用することで、
領収書の文字起こしなど、煩雑な入力作業が簡単に行えるようになります。

※:LINE BRAIN OCRの認識精度は世界的に高く評価されており、
文書の検出と認識に関する国際会議(ICDAR:2019/3/29時点)では4分野にて世界No.1を獲得しました。

CAPABILITIES

LINE BRAIN OCRだから実現できること

LINEが独自に開発した
高品質AI-OCR

LINEユーザのために、LINEが独自で開発しました。
LINEアプリ、及び一部のLINEサービスでは、AI-OCR機能を活用しており、
数多くのユーザにご利用いただいています。

LINE BRAIN OCRだから実現できること - 世界No.1のAI-OCR

世界No.1のAI-OCR

LINE BRAIN OCRの認識精度は世界的に高く評価されており、文書解析と認識に関する国際会議(ICDAR:2019/3/29時点)では4分野にて世界No.1を獲得しました。

LINE BRAIN OCRだから実現できること - 傾きや湾曲した文字でも認識

傾きや
湾曲した文字でも認識

横書きや縦書きだけでなく、丸く湾曲して書かれた文字や傾いた文字はもちろん、写真撮影時に正面から撮影できていない文字も認識することができます。

LINE BRAIN OCRだから実現できること - 定型フォームOCR

定型フォームOCR

レイアウトが一定である発注書・請求書・アンケートなどでご活用いただけます。
予めレイアウトを設定でき、帳票を読み込むと指定した項目をテキスト化します。
レイアウトは複数登録でき、読み込んだ際に自動的にどのフォームか判別します。

LINE BRAIN OCRだから実現できること - 非定型フォームOCR

非定型フォームOCR

事前登録することなく、画像上にある単語や文章を読み込み、テキスト化することができます。縦書き文章・文字の傾きや丸みなど、いろいろな書き方に対応しています。写真から文字を起こしたり、保管資料にタグ付けする際に有効な手法です。

USE CASE

LINE BRAIN OCRの活用例

LINE BRAIN OCRの活用例 - 伝票登録OCR

伝票登録OCR

定型フォームOCRを活用することで、申込書・注文書・請求書などからの入力作業を軽減します。 お使いの伝票入力システムにOCR機能を組み込んでいただくことでご利用いただけます。

LINE BRAIN OCRの活用例 - 領収書OCR

領収書OCR

領収書やレシートに特化したOCRです。読み込まれた画像より、発行元・日付・品目・金額などを自動判別しテキスト化します。非定型に対応しているため、ご利用いただく企業様ではレイアウトを設定いただく必要はありません。

LINE BRAIN OCRの活用例 - 身分証明書OCR

身分証明書OCR

免許証やパスポートなど身分証に特化したOCRです。 読み込まれた画像より、氏名・住所・番号・日付などを自動判別しテキスト化します。 ご利用いただく企業様にてレイアウトを設定いただく必要はありません。

LINE BRAIN OCRの活用例 - モバイルアプリ自動入力OCR

モバイルアプリ自動入力OCR

モバイルアプリ内の入力時にOCRを利用することで、ユーザの負担を軽減できます。 免許証やクレジットカードの画像をもとに名前や住所を自動で入力できます。

LINE BRAIN OCRの活用例 - eKYC(electronic Know Your Customer)

eKYC(electronic Know Your Customer)

OCRに加え、物体認識や人物認識などのAI技術を組合せることで、eKYCによる本人確認を実現します。 本人照合や真贋判定などが自動化できるため、手続き時間の短縮・コストダウン・審査品質の安定が期待できます。